ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ
  1. トップ > 
  2. 交通安全対策 > 
  3. 高齢者交通事故防止対策

高齢者交通事故防止対策

高齢者の交通事故の発生状況

平成27年の東京都内の高齢者交通事故死者数は58人で、前年と比べ7人減少していますが、都内の交通事故死者数全体(161人)の約36%を占め、年齢層別では最も高い割合となっています。

高齢者の交通事故発生状況

(警視庁統計)

高齢者の交通事故原因

平成26年に交通事故で亡くなられた高齢者の方65人のうち、歩行者が39人と全体の6割を占めています。そのうち信号無視や横断禁止場所横断など、何らかの交通ルールを守らなかった結果、亡くなった方は22人いました。

歩行中に交通事故で亡くなった高齢者側の違反状況(39人)

(警視庁統計)

高齢者の皆様へ

交通事故にあわないために それは交通ルールをしっかり守ること

  • 青信号で横断歩道を横断するときでも一旦止まって、必ず、左右の安全を確認してから渡りましょう。
  • 歩行者横断禁止の標識のある場所や、駐車車両の直前・直後からの横断は危険ですので、絶対にやめましょう。
  • 交差点を横断するときは、右左折してくる車両の動きに注意しましょう。
  • 夜間に外出するときは、明るく目立つ色の服装や反射材を活用しましょう。
  • 自宅付近の通り慣れた道でも、しっかりと安全確認をしましょう。

夜間や雨の日は自分自身の存在を相手(運転者)に見せることが大切です そのために「反射材」は有効な手段です

ドライバーや地域の皆様へ

高齢者の方の交通事故が急増しています。高齢者の方の行動をよく見て、地域ぐるみで高齢者の交通事故を防止していきましょう。

~東京都における高齢者の交通事故防止対策~
「歩行者シミュレータ」の貸出し

バーチャルリアリティの世界に再現した街並みの中を、危険を予測しながら歩くことで、危険感受性を高めることを目的とした機材です。

大画面に3Dで表現された街並みが再現され、その場で歩くように「足踏み」または「腕振り」をすることにより、歩行疑似体験ができます。

「歩行者シミュレータ」を用いた交通安全教室では、安全な道路の歩き方・横断の仕方について、体験的に学べ、横断時の錯覚や思い込みの危険性など、道路横断時に対する子供たちの自己防衛機能を高めることができます。

交通安全講習会

歩行者教育システム

※詳しくはこちらをどうぞ

地域のふれあいを通じた交通安全教育

高齢者の交通安全意識を高めるため、区市町村等と連携し、区市町村等が主催する講習会・イベントで、参加・体験型の交通安全教育を実施していきます。

高齢者交通安全対策推進会議による対策検討

高齢者交通安全対策推進会議を開催し、区市町村、警視庁、東京消防庁、東京都の関係局が連携を図り、高齢者の交通安全を確保するための諸施策について検討し、高齢者の交通事故防止を図っています。

「シルバーパス利用の手引き」による広報活動

民間団体にも協力していただき広報活動を推進しています。
一般社団法人東京バス協会の協力をいただき、協会の発行する「シルバーパス利用の手引き」に、夜間の外出時の反射材の装着など交通事故防止のポイント、申請による運転免許証の返納と「運転経歴証明書」についてご案内し、高齢者の交通事故防止のための啓発を行っています。

※詳しくはこちらをどうぞ

運転免許証の自主返納をサポート

高齢者運転免許自主返納

~運転に自信がなくなったら・・・
家族から「運転が心配」と言われたら・・・~

運転免許証が不要になった方は、本人の意思で運転免許証を返納することができます。
また、申請があれば、過去に運転免許証を持っていたことを証明する「運転経歴証明書」の交付を受けることができます。

運転経歴証明書

運転経歴証明書は、過去の運転経歴を証明するもので、運転免許を返納した日から5年以内であれば申請することができます
※平成24年4月1日以後に交付された「運転経歴証明書」は交付6ヶ月を超えても、運転免許証と同様に身分証明書として用いることができます。

特典

  • 「運転経歴証明書」を提示することにより、高齢者運転免許自主返納サポート協議会の加盟店や東京都の文化施設等で、様々な特典を受けることができます。

返納及び申請できる場所、時間等

  • 都内の各運転免許試験場(即日交付になります)
    平日、日曜8:30~16:00(12:00~13:00を除く)
  • 都内の各運転免許更新センター、各警察署(後日交付となります)
    平日の8:30~17:15
    ※運転免許の取消申請(自主返納)を同日に申請する方に限ります。
  • 申請に必要なもの
    運転免許証、写真(3×2.4cm)
    交付手数料 1,000円
    すでに免許証を返納されている方は、住所・氏名・生年月日が確認できるもの(住民票、健康保険証、パスポート等)
  • 交付場所
    それぞれ申請した場所で交付(受取り)となります。

※詳しくはこちらをどうぞ

お問い合わせ

東京都青少年・治安対策本部 総合対策部 交通安全課
住所:〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 都庁第一本庁舎北塔34階
電話:03-5388-3127 FAX:03-5388-1217

ページトップへ戻る