ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ
  1. トップ > 
  2. 治安対策 > 
  3. 身近な犯罪の防止対策 > 
  4. 特殊詐欺対策 > 
  5. 特殊詐欺認知状況 > 
  6. 特殊詐欺認知状況(平成30年)

特殊詐欺認知状況(平成30年)

平成30年5月末 特殊詐欺認知件数
1,679件(前年同期比+515件)

特殊詐欺被害手口別内訳(前年比)

 
 振り込め詐欺     1673件(+526件)
      ・ オレオレ詐欺       960件(+323件)
      ・ 架空請求詐欺       379件(+140件)
      ・ 融資保証金詐欺        19件(-3件)
      ・ 還付金等詐欺        315件(+67件)
 振り込め類似詐欺      6件(-11件)

被害や騙しの電話があった地域は、警視庁や市区町村が注意情報を発信していますので、該当地域にご家族がお住まい場合は、すぐに家族に電話をして注意喚起して下さい!

平成30年5月末 特殊詐欺被害総額
約36億5,563万円(前年同期比+約8億2,412万円)

 振り込め詐欺被害総額 約36億3,848万円 (+約8億8,503万円)
    ・ オレオレ詐欺    約18億9,035万円(+約3億7,738万円)
    ・ 架空請求詐欺    約5億156万円(-約802万円)
    ・ 融資保証金詐欺    約3,196万円(+約2,259万円)
    ・ 還付金詐欺等    約4億2,165万円(+約1億1,887万円)
 振り込め類似詐欺被害総額 約1,715万円(-約6,090万円)

※特殊詐欺被害総額、振り込め詐欺被害総額には、カード詐欺被害におけるその後の払出し額を含みます。(警察官や金融機関等の職員をかたって、「口座が犯罪に使われているので凍結する。」「新しいキャッシュカードと交換する。」などと言って、暗証番号を聞き出した上で、キャッシュカードを騙し取り、引き出す手口)

平成30年5月単月 特殊詐欺認知件数
303件 (前年同期比 +46件)

特殊詐欺被害手口別内訳(前年同期比)

 振り込め詐欺     303件(+46件)
      ・ オレオレ詐欺       166件(+26件)
      ・ 架空請求詐欺        81件(+20件)
      ・ 融資保証金詐欺        3件(-3件)
      ・ 還付金詐欺等        53件(+5件)
 振り込め類似詐欺      0件(-2件)

都内特殊詐欺認知件数

平成30年5月単月 特殊詐欺被害総額
約7億8,341万円(前年同期比+8,487万円)

特殊詐欺被害額の推移

特殊詐欺手口内訳(平成30年5月単月)

※「特殊詐欺(振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺)」は、「振り込め詐欺」と「振り込め類似詐欺」の総称です。

振り込め詐欺

オレオレ詐欺(オレオレ恐喝)

息子や孫等の親族を装い、「会社の金が入ったカバンを電車の網棚に忘れた」、「株で失敗した」、「妊娠させてしまった」等と言って、現金を口座に振り込ませたり、同僚などの代理人を装った者に手渡しさせるなどの方法によりだまし取る詐欺

架空請求詐欺(架空請求恐喝)

郵便、インターネット等を利用して不特定多数の者に対し、「株(社債)を購入すれば高値で買い取る」、「サイトの利用料金が未納」等と架空の事実を口実とした代金を請求するなどして、現金を口座に振り込ませたり、手渡しさせるなどの方法によりだまし取る詐欺

融資保証金詐欺

実際には融資しないにもかかわらず、融資するという文書等を送り付けるなどして、融資を申し込んできた者に対し、手数料・保証金等を名目に現金を口座に振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺

還付金等詐欺

医療費、保険料等の還付(返還)に必要な手続きであると装い、被害者にATMを操作させ、自己の口座から犯人の指定した口座へ振り込ませる方法によりだまし取る詐欺

振り込め類似詐欺

金融商品等の取引を口実とした詐欺

実際には対価ほどの価値がない有価証券、社債等について、電話やダイレクトメール等により虚偽の情報を提供し、購入すれば、高値で買取る等と誤信させて、現金を口座に振り込ませ、前後して、被害者に有価証券等を交付する詐欺

ギャンブル必勝情報提供等を口実にした詐欺

雑誌等に「パチンコ打ち子募集」と掲載したり、不特定多数の者に対して、同内容のメールを送信するなどし、情報料や会員登録料等の名目で現金を口座に振り込ませ、前後して、虚偽の必勝情報等を提供する詐欺

異性との交際斡旋等を口実にした詐欺

雑誌等に「女性紹介」と掲載したり、不特定多数の者に対して同内容を記載したメールを送信するなどし、異性の紹介等を求めてきた者に対して会員登録料金や保証金等の名目で現金を口座に振り込ませ、前後して、1度だけ異性と会わせたり、異性に関する虚偽の情報を提供する詐欺

お問い合わせ

青少年・治安対策本部 総合対策部 治安対策課
電話:03-5388-2255 FAX:03-5388-1217
E-MAIL:chian@section.metro.tokyo.jp

ページトップへ戻る