ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ
  1. トップ > 
  2. 治安対策 > 
  3. 身近な犯罪の防止対策 > 
  4. ルール遵守・マナー向上

ルール遵守・マナー向上

ルール遵守とマナー向上で東京の防犯力を高めよう!

1 ルールやマナーが守られない街では犯罪が増加する

割れ窓理論とは

「割れ窓理論」とは、割れた窓ガラスをそのままにしておくと、その建物は十分に管理されていないと認識され、他の窓ガラスも割られ、やがて建物全体が荒廃していくように、「小さい犯罪を放置しておくと、住民や警察の目が行き届いていないと判断され、他の犯罪を誘発しやがて凶悪犯罪まで発生するようになる」という理論です。

したがって、割れ窓理論では、割れた窓ガラスを最初に修復することが大切であると言われています。

2 街をきれいにして犯罪の未然防止に繋げよう!

当課では、割れ窓理論に基づき、街を美しく保つことで犯罪の発生を防ぐことを目的に、定期的に防犯ボランティアの皆様が協力して活動するイベントの開催を計画しています。

清掃活動は、誰にでも参加できる活動であるため、ボランティア初心者やボランティアに参加したいけど、敷居が高いと思っている方などにも最適な活動です。

「自分たちの街、団体でも清掃活動をやってみたい。でも、どうしたらできるのか分からない。どこに相談してよいか分からない。」という方は、ぜひ当課にご連絡下さい。

共同開催や自治体・関係団体との調整などで、お力になります。

お問い合わせ

青少年・治安対策本部 総合対策部 治安対策課
電話:03-5388-2255 FAX:03-5388-1217
E-MAIL:chian@section.metro.tokyo.jp

ページトップへ戻る