ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイドエリア(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ
  1. トップ > 
  2. 当本部について > 
  3. 調査・計画 > 
  4. 安全安心TOKYO戦略

安全安心TOKYO戦略

東京都では2020年の東京オリンピック・パラリンピックも見据え、「安全安心TOKYO戦略」を策定しました。
(平成27年1月23日発表)

戦略の策定

この戦略は、東京の治安の現状等を分析した上で、都民の不安感の解消にも目を向け、今後10年の取組の方向性を示したものです。
今後は、本戦略により、振り込め詐欺や通学路の安全確保などの喫緊の課題に対応するとともに、地域の取組に重点を置き、行政、警察、地域、企業等の総力を結集して、誰もが安全安心を実感できる社会の実現に向けて取り組んでいきます。

現状と課題

  • 都内の刑法犯認知件数は、ピーク時の平成14年から半減し、統計上、治安は回復
  • 特殊詐欺やストーカー、子供の連れ去りなど、地域の安全安心を脅かす事件や事故等が多発
    →被害者の多くは高齢者や女性、子供などの弱者
  • 青少年の態様についても、少年犯罪の件数は減少しているものの、犯罪の低年齢化、再犯罪者率も高まっているほか、犯罪には至らないが社会の秩序に反するような非行事案が発生
  • 「都民生活に関する世論調査」における治安対策への要望は上位(都民の不安感は解消されていない)

今後の取組

  • 規範意識(ルール・マナー)の向上
    体感治安の改善に向けて、犯罪の取締りだけでなく、ルール・マナー違反への取組も強化
    • こころの東京革命を地域へ普及促進
    • 交通ルール・マナーの啓発や教育の充実
    • インターネットの適正利用
      • 家庭のルールづくり、生徒の自主ルールづくりの推進を区市町村へ促進
    など
  • 地域の力と分担・連携を強化
    地域の取組に重点を置き、区市町村、警察、地域、企業等との連携を強化することで地域の安全安心を向上
    • 区市町村における安全安心行動計画の策定を促進
    • 特殊詐欺や危険ドラッグ、通学路における安全対策等の喫緊の課題への対応
    • 地域における人材育成への支援
    • 地域における弱者を見守るネットワークの構築
      • 地域を巡回する事業者との協定の締結等を区市町村へ促進
  • 青少年の自立支援体制(セーフティネット)の構築
  • など

安全安心TOKYO戦略本文

お問い合わせ

青少年・治安対策本部 総合対策部総務課 広報担当
電話:03-5388-2258 FAX:03-5388-1217
E-MAIL:ml-seisho01@section.metro.tokyo.jp
所在地:東京都新宿区西新宿2-8-1 都庁第一本庁舎北塔34階

ページトップへ戻る